送信人数1137人!15年間、1月1日に明けましておめでとうございますの連絡を続ける理由!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

私には年越し時に恒例の行いが2つあります。

 

  1. 中学生の頃からTVでジャニーズカウントダウンを観ながら1月1日0時になったタイミングでジャンプする
  2. 「明けましておめでとうございます」の連絡をとにかく自分と繋がっている方々にする


2つ目は私が大学の頃から始めた気がします。もちろんLINEなどはない時代で、携帯のメールでやっていました。

当時はとにかく繋がりにくく、メール送信エラーになっていたことを鮮明に覚えています。ずっと未だに続けている理由としては、連絡が来ないよりも来た方が嬉しいから。これに尽きます。


今は0時になったタイミングで、まずはLINEの履歴から自分に近い関係の方へあいさつをお送りします。LINEで送り終わったら次はFacebookメッセンジャーで、LINEを知らない方にお送りします。


毎年1人か2人、0時になったタイミングで私にLINEをくれる後輩がいるのですがその時は悔しい思いをします。今年も0時になったタイミングで1人の後輩が送ってきてくれました。有り難いですね。

 

 

 


お取引先、上司、先輩の方はもちろん、同僚、後輩にも送ります。20代のまだ尖っていた時は後輩になんで俺から送らなあかんねん、後輩から送ってくるもんやろと思っていた時期もちょっとだけありましたが今はそんな気持ちは全くなくなりました。


少しでも同じ時代を生きた仲間なので、多くを語らずとも「あけおめ、ことよろ」のやり取りを1年に1回、1月1日に行うだけで全て通じている気がするのです。


そんな関係性を築けたことが嬉しいですね。もちろん全員が返信をくれる訳ではありません。1割くらいの方は既読スルーです。それでも良いのです。全てのことに通じますが、「見返りを求めてはいけない」のです。


こちらが送りたくて送っているので、返信して欲しいと思ってはいけません。毎年返信がもらえなくても、色々な人に送り続ける理由は2つあります。
 

  1. この人には返信しようと思ってもらえる人物になれるように精進しようと思う
  2. やっぱり返信が来ないのは寂しいので、自分はちゃんと返信するようにしようと思う


この2つです。

 

,亡悗靴討蓮△修凌佑燭舛砲箸辰討海凌佑ら連絡きたから返信しようと思ってもらえるようにもっと自分を磨かないとと身を引き締めることが出来ます。

 

△亡悗靴討蓮△笋辰僂蟯読スルーは寂しいもので、人にされて嫌なことは自分はしないがモットーなので、ここでも1年通して自分に言い聞かせるようにしています。


基本は1往復のやり取りだけなのですが、なかには異動することになりましたとか転職しますや、プライベートなことの報告、久しぶりに会おうと新年会をすることになったりと色々なその人たちの状況を聞けるのも良い機会です。


これは私から連絡していないと聞けなかったかもしれないので、やはり少なからず意味はあると思っています。そしてこの連絡後に仕事の相談や紹介なども増えたりします。


もはや毎年恒例と思って頂いている方も多くいて、1月1日だけでも私のことを思い出してもらえる機会にもなっています。おかげで「マメだね〜」という返信も多く頂きました。


何事も続けることは大事だなと思える瞬間です。こちらから送る文面はシンプルなものなので、文章作成に時間はかからないですが、送る人数が多いので24時から大体毎年朝の4時くらいまでは送り続けています。


そして4時くらいに就寝して起きると有り難いことに多くの返信を頂いています。起きてからその返信にまた返信してというのが1月1日の行動ですが、今年は始めてそれをさぼってしまい、仕事始めの1月4日に一斉に返すという初の試み。


「え、今返信?」と多くの方にツッコミを頂きました。申し訳ございません。来年以降はしっかりすぐに返させて頂きます。


こうして私の1月1日は始まります。改めまして皆様、本年もこのブログ共々、宜しくお願い申し上げます。
 

 

コメント

Line既読スルーしてました。申し訳ありません!

  • 西谷兄貴と慕うもの
  • 2018/02/08 15:45