嫌われる勇気!若い社員と接する時に意識した8つのこと

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

前回の「私が新卒研修で想いを伝えるために意識した5つのこと」を書かせて頂きましたが、今回は実際に自分のチームに新入社員が配属となり、教育・指導する際に意識したことをまとめました。

 

 

 

ここでも前回同様に前提を書き記します。

 

【前提】

 

  • 自分の新入社員時代はとにかくひどかった
  • それでも見捨てずに上司、先輩は優しく教えてくれた
  • 基本的に入社してくる新入社員の方が昔の自分よりよっぽど優秀

 

1.彼らのポテンシャルを信じる

 

これだけは何より大事にしていました。

シビアなビジネスの世界で生きている方々は、新入社員の能力を見極めて戦力になるかそうじゃないかを選別する方もいます。


見切りをつけて異動させてしまう方もいます。実際にそういう現場を目の当たりにしてきました。
それでも根気強く育てるのか、それとも効率を考え見切りをつけるのか、どちらが良いのかという議論もたくさんされてきています。

 

ただ私は絶対に自分のチームに配属された人は時間と労力をかけて育てます。

人によって理解力や吸収力も違います。一度言ったことが出来ない人もいました。
時々心が折れそうになることもあります。

 

ただいつもそこで思い留まるのは「基礎能力は絶対に自分より高いのだから自分を超えてくれる」という想いです。

事実花が咲くタイミングは人それぞれですが、結果軽々と私を飛び越えていってくれたので、その都度諦めずに教え続けて良かったと思わせてくれました。

 

  • 誰でも最初は上手くいかない
  • 花が咲く時期は人それぞれ
  • 育たないのは自分の力量不足

 

2.自分で選択させる

 

最初に私のチームに配属されてきた時に選択をしてもらいます。

 

  1. 教育、指導はほどほどでのんびりした1年
  2. 西谷が社会人生活で経験したことを全て伝えきる1年

 

みんな例外なく2を選びました。


ポイントとしては勝手に厳しい指導するのではなく、どちらが良いかを本人で選んでもらうことでした。

 

そして2を選ばれたからにはこちらも全力を注ぎます。
なんせ自分で学んだことや経験したことを1年で伝えきらないといけない訳です。
とにかく時間がありません。1日1日が勝負です。

 

  • どんな社会人生にしたいかを選んでもらう
  • やるからには教える側も全力で向き合う

 

3.意図的に少し距離を置く

 

傍から見ると「西谷は冷たい」と言われます。

自分でもそう見えるのは仕方ないと思っています。
雑談などもしないですし、必要以上にコミュニケーションを取らないですし、全く和気藹々とはしていません。
理由はただ一つ。


自分が弱い人間だからです。

 

その意味は、「仲良くなってしまうと注意や指摘をしにくくなってしまうから」です。

新入社員にはやはり注意、指摘する機会が数多くなります。

そこで最初から距離も近くて、仲良くなりすぎてしまうと私は怒りにくくなってしまいます。

 

そのため自チームの雰囲気は決して良いものではなかったですが、私が注意したことは基本的にすんなり聞いてくれ、何年か経った後にはあれは西谷の愛情だったんだなと言ってもらうこともあり、厳しい環境の中でも退職者が出ないことが、私の愛情が伝わっていたんだなと実感します。


大事なのは愛情を持って接すること。
これがあれば、必ずこちらの想いは伝わると思います。

全ては「あなたのため」という気持ちです。

 

怒りたくて怒る人はいないです。嫌われたくもないです。

私は八方美人ですから。ただ私が注意しないと他に注意する人がいないのにそれを放棄することは一番やってはいけないことだと思い心を鬼にして接してきました。

 

  • 諦めたらそこで終了。とにかく根気強く。
  • 機嫌で怒らない。愛情をもって接する
  • 時間も労力もかける

 

4.アウトプットしてくれたものには必ずリアクションする

 

具体的には

  • まず朝の始業時間前に今日何をするのか、時間ごとに提出してもらう

→それに対してフィードバックする

 

  • 一日の振り返りを毎日顔を突き合わせて行う

→最低30分、長い時は1時間。雰囲気は決して和やかではないです。。

  • 日報は毎日出してもらう

→必ずコメントする

 

とにかくアウトプットしてもらったものに対しては何かしらレスはするようにします。

新入社員は「あれ出して」と言われたものを出したのに反応がないことに不安を憶えます。

そのため必ず見てるよという意思表示で見えるように反応します。

 

またレスを必ずすることで見られているから適当な感じでは出せないなとなり、しっかり考えた内容を出してくれるようになります。

 

よく提出だけさせといて細かく見てないとか、見たけど返事しないとかありますが、それは良くないと思っています。お互い時間の無駄です。

管理しているという自己満足で終わらせてはいけません。


GOALは新入社員の成長です。

 

  • 何かしら反応はして常に見てると伝わるようにする
  • レスもコミュニケーションの場
  • 管理していると自己満足しない

 

5.答えを簡単に教えない

 

質問、相談がきてもすぐには答えを言わずに、「自分はどうしたいのか?」と返すようにして考えてもらうことを繰り返しました。

 

それは自分自身、答えをすぐ教えてもらっても自分で考えていない分、あっさり忘れてしまうことが多かったからです。

 

ただ自分が考えて考え抜いた結果の答えだと、強烈なインパクトがありなかなか忘れません。
これが大事だと思っています。

「私はこうしたい」という相談が来た場合でも「あたなが今の俺の立場だとして、今あなたが言ったのと同じ相談がきたらどう返しますか?YESと言いますか?」

とまた返します。

 

  • 人は頭を使わずに教わったことはすぐ忘れる
  • 悩み抜いて考えたことをなかなか忘れない
  • すぐ答えを求める思考回路にさせない

 

6.後輩がすでにいることをイメージさせる

 

同様に常々言っていたのは例えば新卒1年目だと後輩が当然いない訳ですが、「後輩の山田君(仮)が同じ相談にきた時、あなたは何て返しますか?」ということもします。

 

新卒1年目でも研修を受けて部署に配属になれば、1年も経たないうちに後輩が入社してくる可能性は高いです。

それであれば、早い段階から後輩がすでにいることを想定させて、いつ後輩が入ってきても良い準備と、先輩という立場になった場合にどう判断するかという1個上の視点をもってもらうことも意識していました。

 

  • 自分が新入社員という意識を捨てさせる
  • 1個上の視点をもってもらう

 

7.目標は具体的なものを設定する

 

  1. 今この場所から24時間以内に富士山に行ったらたくさんお金をあげるよ
  2. 今この場所から24時間以内に富士山に行ったら「5億円」あげるよ

 

どちらがテンション上がって頑張れそうですか?という質問をします。
ほとんどの人が△氾えます。

もらえるお金が具体的だからですね。


具体的な方が人はイメージ出来て頑張れます。

また目標設定の際には、必ず数字を入れてもらうようにします。

 

これは結果的に目標に対してそれが出来たのかどうかをしっかり振り返るためです。

評価を上げるためにはこの振り返りも大事です。

 

  • 目標に数字を入れることを癖付けてもらう
  • 目標に対しての振り返りを行う癖をつけてもらう

 

8.第三者に新入社員のマイナスになるようなことは言わない

 

私が新入社員の頃です。

2人の時はボロクソに怒ってくれる先輩がいました。


ただその方は第三者がいる時は必ず「こいつ頑張ってるんですよ」と絶対に「まだまだです」とか「全然ダメです」などということは言いませんでした。

怒られることが続くとさすがに心も弱くなります。


それが社内の他部署の方や社外の方の前でも続くとよりしんどくなります。

 

なかなか褒めない人も多いですが、決して褒めたところで調子になんか乗りません。

力不足は本人が1番理解していますから。

 

社内はまだしも、社外の方の前で「まだまだです」とか「ここがダメ」という話も相手からしたらそんなダメな人紹介しないでよと思う方もいるからしれません。
双方にメリットが全くありません。

 

逆に他部署の方や社外の方の前で、「かなり優秀です」とか「うちのエースです」などと言った方が本人も実際そうなろうと頑張ると思いますし、紹介される方も安心します。

 

  • 第三者の前では褒める
  • 2人の時に出来ていないことは注意する
  • 人は褒められた方が頑張る


これが基本の部分ですが、意識していたことです。
少しでも参考になれば幸いです。

 

番外編

必ず自分のチームに来た新入社員の「評価」を上げることはとにかくやろうと思いました。

せっかく周りより厳しい環境で頑張っているので、評価、給料を上げてあげないと報われないですよね。

 

これが一番効果があるかもしれません(笑)

 

 

コメント