大熱狂!初めて埼玉スタジアムに行ってYBCルヴァンカップ決勝を観たお話

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

先日有り難いことに「JリーグYBCルヴァンカップ」決勝戦に招待して頂いて、人生初の埼玉スタジアム2002に行ってきました。


サッカースタジアムに行ったのは、前職の会社がサッカーチームを保有していたので、新卒の時に応援に行った以来でした。


10数年ぶりのサッカースタジアムは色々変わっていてパワーアップしていたので、書き記したいと思います。

 

  • 最寄駅
  • 最寄駅からスタジアムまで
  • スタジアム外周
  • 配布物
  • 今回のスタジアム販売席
  • スタジアム内
  • コンコース
  • ビジョン
  • 試合前セレモニー
  • スポンサー
  • ハーフタイム
  • 試合終了後セレモニー
  • 帰り道

 

 

最寄駅


まずは家からスタジアム最寄駅の浦和美園駅に行きます。初めて降りましたが、そこまで大きくない駅だったので、ここに帰りに多くの人が集中したらやばそうと思いました。

 

13時5分KICKOFFで、11時に浦和美園駅到着でもすでに多くの人がいる。

 

 


 

 

 

最寄駅からスタジアムまで

 

 

最寄駅からスタジアムまでは公式HPでは徒歩15分とのこと。1人で歩いたら長く感じるかもしれませんが、友人とワイワイ話しながら歩いているとそんな遠くは感じません。一本道ですしね。途中に屋台やフォトスポットとかありました。

 

 


 

 

 

スタジアム外周

試合開始1時間30分前と早めに着いたので、色々雰囲気を楽しもうと外周を散策。外で食事をしてる方も多く、グッズを購入したり、フォトスポットで写真撮影をしたりする人も多かったです。

 

今回のスポンサーがヤマザキビスケット株式会社のため、商品を試食出来るテントに行列も出来ていました。

普段絶対やらないですが、せっかくの記念なのでフォトスポットで同期とパシャリ。

 

 


 

 

 

 

今回のスタジアム販売席

サッカースタジアムに全然行ったことがないので、どういう席があっていくらくらいなのか全然知識がなかったので、事前にもらったチケットをもとに調べてみました。チケットにはSS席と書いていました。1席7000円!ありがたや。

 

今回私が座ったSS指定席の目の前にバックスタンドがあり、バックアッパー指定席はかなり上の方だったので、結構選手までは距離を感じそうでした。

 

 

 

 

 

配布物

 

 

チケットを握りしめ、スタジアムに入ります。荷物チェックとチケットをもぎられ、その際に配布物をもらいました。スポンサーからの提供ですね。

 

大会名にもなっている「ルヴァン」が入っていました。この日までこの商品を知りませんでした。知名度向上。ビニールの表は商品命が列挙。裏には歴代優勝クラブとMVP選手名が書いていました。

 

パンフ内の数字で見るルヴァンカップは面白かったです。

 

 

中にはルヴァン2個と、パンフレットとチラシ。

 

 

 

 

スタジアム内

 

 

チケットに書いているA9ゲートから入り、席に向かいます。正面に大きく「SAITAMA」の文字。SS席がグラウンドまで近くてびっっくり。ありがたや。臨場感ある。

 

 

 

 

 

 

コンコース内

 

 

座席に荷物を置き、せっかくなのでスタジアムグルメを体験しようと思い、探索。思ったより目新しいものはなかったのが非常に残念。

12時時点でPUSHされていたオム焼きそばも完売。

 

もうちょっと多めに用意したら良かったのにと独り言。

 

 

 

グッズはそこそこ売れていたけど、今回は購入せず。山田うどんはチョイスせず。

 


 

 

 

ビジョン

 

 

右と左に大型ビジョン。すごい良く見える。大型ビジョン大事ですね。後ほど大活躍してました。試合開始が近づくにつれ、スタジアム内も盛り上がってきます。

 

ビジョンに先ほど選手が到着してますと、選手がバスで入ってくる映像が流れます。

格好良い。

 

 

 

 

 

 

試合前セレモニー

 

 

オペラ歌手の方が国歌斉唱。思わず右手を左胸に当ててしまいました。気分は日本代表。いよいよ選手が入場します。グラウンドのど真ん中に人が集まります。

テンション上がりますね。

 

 

 

 

スタメンが発表されます。天才柿谷曜一朗と中村憲剛。

 

 

 

人文字とか本当にすごい。

 

 

いよいよ試合開始。まさかの開始1分で予想してない時間にセレッソ大阪が先制。びっくりする展開。試合中は以前プロ野球チームのスポンサー営業を経験したためか、ちょこちょこLED広告に気をとられ思わず撮影。

 

 

スポンサー

 

 

LED広告と複数パターンのクリエイティブを出せるから良いですね。視認性も高かったです。

 

 

 

 

そのまま前半終了。ハーフタイムにビジョンが活用されていました。ビジョンCMの放映に、両チームの前半のボール支配率や走行距離や、個人の情報も。すごい時代。来場者は5万3452人!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合終了後セレモニー

 

 

試合終了直前にセレッソ大阪が追加を取り、結果2対0で終了。最後は点が入って一盛り上がりがあり、楽しかったです。試合終了後に両チームの表彰です。

 

 

 

 

表彰式が始まります。

 

 

まずは審判団に記念メダルが授与されるみたいです。こんなのあるんですね。

 

 

準優勝の川崎フロンターレの選手に選ばれたお子さんがメダルを渡します。負けた選手にメダルかけるの辛い。

 

 

 

スポンサー社長から賞金授与。準優勝でも5000万円。欲しい。。

 

 

 

 

今度はセレッソの選手がメダルをもらいます。こちらの方はご機嫌で子供と接します。そら嬉しいですよね。

 

 

 

優勝賞金は1億5000万円!欲しい。。

 

 

 

MVPは先制点の杉本健勇選手。100万円!

 

 

 

勝ったセレッソ大阪の選手とサポーターはみんなご機嫌でした。

 

 

 

 

帰り道

 

 

行きの段階で怖かったですが、これから5万人が帰る訳です。駅はすごいことになるんだろうなと想像していましたが、やはり想像以上でした。

 

行きに通った一本道が全く進まず、通な人達が右に迂回して進んでいたので、そちらに同行。遠回りになってしまいましたが、進まないと事態を避けることは出来ました。

 

ただ駅ではきっちり入場規制がかかり、全然進まない。電車は2本待って、何とか乗れました。帰りはどっと疲れました。

 

 

 

浦和美園駅はきっちり入場規制。

 

 

 

 

反対側のホームも長蛇の列。

 

 

 

 

帰りの混雑がここまでひどくなければまた来たいなと思わせてくれるスタジアムでした。最終的にはスポーツは試合自体が最高のコンテンツなので、試合内容が良ければみんな満足しますよね。

 

改めて素晴らしい体験をさせてくれた後輩に感謝します。

皆様も機会があれば是非一度行ってみて下さいませ。