我が子が芸能人に!?合格率は驚異の○%!思い出ついでに写真を芸能事務所に送ってみたお話

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2019年9月10日に第一子、可愛い娘が誕生しました。この日から見事に親バカとなっております。さて先日お宮参りついでに妊娠中だった妻のマタニティフォトを撮影した写真スタジオへ行き(割引券あったため)、娘の初記念写真撮影を行いました。

 

プロにとってもらったのでやはり良い仕上がりになったため、親としては当たり前のように可愛いと思うものの、第三者の評価が気になり試しに赤ちゃんモデルとして芸能事務所に応募することにしてみました。

 

全く事務所を知らなかったのでGoogle検索をして検索結果に出てきた上位2社に絞り、同じ日(12月1日)に写真を添付して応募してみました。簡単に応募出来るので便利ですね。結果はなんと2社とも書類選考通過でした。親としては嬉しい。下記の2社です。

 

  • テアトルアカデミー
  • CENTRAL

 

選考結果の通知に関して

 

選考結果の合否通知方法も両社で特色があり「CENTRAL」は12月1日に応募し、自動メールでは1週間〜10日後に合否の連絡しますと記載ありましたが、結果的にメールがきたのは12月15日でした。こんなメール文面でした。

 

 

もう1社のテアトルアカデミーは封筒が送られてきました。結構厚めでした。ここは1週間くらいで合否がきました。こんな封筒が届きました。

 

 

 

中を見てみます。盛り沢山入っている中で、合格の賞状も同封されており、かつ書類選考の合格率は1/4と具体的な数字まで入っていました。この賞状だけで心を持って行かれました。

 

 

事前準備

 

エントリーシートにはすでに応募した写真が反映されていました。表と裏に書く必要があります。ちなみにCENTRALは特に持ち物不要でした。

 

 

 

ピンポイントのオーディンション日でしたが行くことにしました。結果的に1月12日に2社のオーディションを受けることとなります。

 

オーディション当日

 

そんなこんなでオーディション当日を迎えます。まず12時から開始のCENTRALに向かいます。最寄り駅が国立競技場前なのでそこに向かいました。駅を降りると新国立競技場が目の前にあります。このような形で新国立競技場を見ることになるとは。

 

 

駅からは歩いて5分位でした。12時オーディション開始だったので10分前にそのビルに到着。

 

 

エレベーターで2階に向かいます。エレベーターが開くと、目の前にCENTRALのロゴが広がります。ここで受付を行います。

 

 

受付&アンケート記入

 

受付時に簡単なアンケートを記載します。項目はこんな感じでした。

 

  • どうやって知ったのか?(検索の場合は検索ワード)
  • 会社に対してのイメージ
  • 知っている所属タレント
  • 身体的な特徴
  • 他に所属している事務所はあるか?

 

オーディション開始

 

受付が終わると目の前の部屋に通されました。我々の他には「6組」のオーディションの参加者がいました。赤ちゃんに関しては我々ともう1組位で他の方々は1歳から3歳位のお子さんが多かったように思います。

 

12時3分に最初の説明がスタートし、まずは会社の紹介VTRが流れます。4名ほどの所属の子役の意気込みやレッスン内容の説明があり、所属後の流れや所属タレントの紹介などがありました。

 

TVCMやドラマ、おむつのパッケージなどの役が多かったです。大体5分位のVTRが終わった後に個別面談がスタートします。面接官は2名でした。受付順に呼ばれて行きます。最初に二組の面接がスタートした後に少しすると並行して待っている他の受講者はカメラテストで呼ばれます。

 

カメラテスト

 

部屋に通されると男性のカメラマンが待ち構えてまして、目の前に椅子が1脚あります。「お母さんが座って赤ちゃんを抱っこしてください」と言われそこから撮影がスタートします。時間にして20秒ぐらいでしょうか。カット数は10枚取ったくらいでした。

 

しっかりウチの子はこの短い間にも笑顔見せる余裕を見せていましたのでさすがですね。カメラ撮影が終わるとまた先ほどの部屋に戻ります。

 

目の前には大きなテレビがありずっと子供向けの番組が流れていました。そこで少し待っていると大体12時半ぐらいに個別面談で声をかけられました。

 

個別面談

 

個別面談では赤ちゃんだったせいかあまり多くの質問はなく大体5分位で終りました。聞かれた内容は最初のエントリシートを下にしたもので

 

  • 他にどこか受けているか
  • どんな仕事をしていきたいか
  • 現場に連れて行くのは誰か
  • おむつモデルをした場合は体にアザ等があるか

 

などと言うシンプルな質問でした。最初に他に受けているところは「テアトルアカデミーです、むしろこの後です」と伝えてところ、「しっかりレッスンとか受けたいんであればそちらの方がいいです」とお勧めされました。こちらでは0歳から3歳までのレッスンが不定期なので定期的にやっていないと言うのがその理由です。

 

そして最後に質問はありますかと聞かれました。私からは「赤ちゃんのニーズはありますか」と言う質問でそれに対してはかなりピンポイントでの赤ちゃんの要望が多い、またタイミングが非常に重要と言うふうに言われました。

 

もし合格した場合は所属費用がかかるとの説明が入ります。年間費は12万円でした。

 

おもちゃ遊び

 

個別面談も終了しまた待合室に戻ります。10分ほどそこで待っていると最後に部屋の真ん中に敷いているプレイマットの上に全員集合し「おもちゃを使って普段のように遊んでください」と言われます。

 

その様子をiPadで撮影されずっと面接官が見ていると言うものでした。これも大体10分位でした。そして12時56分を時計の針が刻んだ時に「合否は1週間から10日以内に書面で送ります。楽しみに待っていて下さい」と言われ終了となりました。

 

2つ目のオーディションへ

 

次は高田馬場、もしくは西早稲田駅だったためせわしなく次のオーディション会場へ向かいます。15時30分からでしたが、30分前から受付は開始、かつ先着順ということで早めに向かったのですが、まさかのベビーカーや同じ方向に向かう方が大量に。

 

「あの人たちも同じオーディションかな」などと冗談交じりに言っていたら現実に。みんな同じ会場に入ります。圧巻の光景が広がります。

 

 

受付〜オーディション概要説明

 

今回セントラルと違い、こちらにオーディンションを受ける日に選択肢がなかった理由が分かりました。なんと大規模な1dayオーディションで様々な場所からきているようでした。最初のオーディションが7組だったので、入った瞬間に何百人もいて、かつ運営スタッフの多いこと、多いこと。

 

写真撮影が完全NGだったので、中の様子はお届け出来ませんが、入り口入ってすぐに右手に案内され、先に進むと受付2名の台と奥に100名は待機出来る待合スペースがありました。薄暗くてムーディーな雰囲気です。しっかりした受付を行うと受験番号を案内され、受講者の親にはシールが配られます。セキュリティも万全。

 

 

受付を約15時に済ませ、20分ほど待つと10名が一斉に呼ばれ、上の階に移動しますとアナウンスがきます。エレベーターに乗り3階に向かいます。途中では受付待ちの方の行列が出来ていました。早めに行って良かったと思いながら移動します。

 

案内された部屋では10名がまずテアトルアカデミーとはというPPTをもとにプレゼンを10分ほど受けます。いかにウチは凄いか!という熱の入ったものでした。実際出されるデータは凄かったです。

 

私は知りませんでしたが、『いないいないばあっ!』という子供向け番組の32名中18名はテアトルアカデミー生のようです。一般の人は出れないので、全て事務所所属とのことです。他の事務所だと1名、2名程度なので圧倒的とのことでした。

 

オムツパッケージにいたっては9/9でテアトルと独占状態らしいです。強みは35年の老舗という点と、基本赤ちゃんでもマネージャーが同席するため依頼主の安心感を獲得出来る点のようです。

 

その後はレッスン内容を聞いて、4階に移動しカメラテスト→最終ビデオ審査という説明があります。

 

 

カメラテスト→最終ビデオ審査

 

さていよいよ具体的な審査に入ります。簡単な質疑応答があるのですが、親は1名だけとのことで妻は聞かれても上手く答えられる自信がないとのことで、私が受けることに。伊達に面接を受ける、面接官も数をこなしていません。

 

通された部屋には4名の面接官がいてブースで区切られています。順々に名前を呼ばれ、その面接官の前に行きます。左斜め前からカメラが回っています。時間にして1分〜2分でしたでしょうか。度胸のあるうちの娘は爆睡しておりました。寝てても起こさないで良いと言われました。寝顔も参考になるようです。

 

聞かれた質問はこのような質問でした。

  • どんな仕事をしたいか
  • 今日の移動手段
  • どんな性格

という簡単なものでした。しっかり娘をアピール。

 

そしてすぐに隣の最終ビデオ審査となります。部屋に入ると面接官は今度は3名。他の方の受け答えも見れます。しっかり事前に聞かれる質問をチェック。

 

時間はわずか10秒〜20秒。まさにあっという間です。私も面接官の時は入って1分で合否を決めますが、先方もプロでした。どんどんさばいていきます。面接官の前に経つと右に大きなモニータが。ここで赤ちゃんをチェックします。

 

前の人と同じ質問でしたが

 

  • 生後4ヶ月ですね、出来るようになったことはありますか?
  • 常に可愛いと思いますが、一番可愛い時はどんな時ですか?

この質問にきっちり対応しました。前の2組は1組は審査委員長が「顔少しアップにして映して」や「肌白くて良いですね」なんて気にした様子や褒め言葉がありましたが、我が子は一切無し。これには私も落胆。手応えを感じられませんでした。

 

あっという間に終わり、全体で1時間ちょっとでした。あとは審査を待つだけ。こちらも郵送で来るようでした。一応落ちてもまた受ける権利はあるとのこと。可能性は低いようですが。

 

そんな中で帰り道に「手応えなかったな〜」と呟くと「親が自信持ってなくてどうすんのよ」と怒られる始末。それほど手応えと自信はありませんでした。

 

最終選考結果

 

さあ、いよいよ結果待ちです。ドキドキしていると一通のメールが!!オーディションを受けた3日後のことでした。

 

 

おいおい、わざわざこれが来るということは合格なのではないか!色めき立つ私。

 

そして1月18日の金曜日、ポストに郵便物が届きます。テアトルアカデミーからでした。早速開きます。

 

 

合格だ!!ここの特徴はちゃんとコメントが入ってどこを評価してというのが分かるところです。電話するとあと2名の方の評価も聞けるようです。体制が凄い。。

 

気になる合格率ですね。応募総数はやはり多かった。3251名中、書類選考が842名通過、そして最終合格は266名。合格率は8.1%でした。

 

 

さて気になる手続きということでお金ですね。セントラルは12万円でした。こちらはいくらでしょうか。オーディション当日も聞かされていません。

 

 

約30万円!!さらにタレント名鑑に掲載は2万2000円などオプション費用も発生。これは想定外ですね。一応頭金で6万8000円入れると分割も出来るみたいですが、なかなかですね。記念受験だったので、この金額だと断念しようと思っております。ただ「そういえば結婚式の2次会呼ばれたけど、行けなかったな」や「出産祝い特に何もしてないな」など是非先輩方でそんな気持ちになった方は少しでもご支援頂ければ幸いです(笑)

 

こうしてテアトルは無事に合格となりました!遅れること数日、セントラルからも合格がきます。この頃はすでに1社合格なので気が楽です。封筒をあけてみると・・・

 

 

 

無事に合格!カメラテストの写真と証明書がセットで送られてきました。ありがたや。こうして無事に2社受けて2社合格という最高の結果が出ました。是非皆さまもお子様を事務所入りさせる場合はご参考ください。長文にお付き合い頂き有難うございました。